ビレットZハンガー(アルミ削り出しエンジンハンガー)         Z2 Z2 Z1R Z1000MK2
For Z1000MK2 Z1R Z750D
 ビレット ゼットハンガーN2     Z1000MK2 ソリッドブラック ¥23,800 + 消費税          
 ビレット ゼットハンガーN2     Z1R     ソリッドブラック ¥23,800 + 消費税          
 ビレット ゼットハンガーN2     Z900/Z1000/Z750D1ソリッドブラック ¥23,800 + 消費税    
ケインズ ビレットZハンガーを進化させてデザインを一新、強度も大幅にアップさせました。ハイパワーエンジンとフレームを強固につなぐビレットZハンガーN2。加速時にドライブスプロケット側ハンガーには、ドライブチェーンにより大きな引きの力が加わります。その大きな力を受け止める為にスプロケット側に厚み25mmのアルミブロックを採用しました。クラッチ側ハンガーとフロントとセンターハンガーは厚み15mmにして設計。
そして入念なデザインと強度設計の後、マシニングセンターとCNC旋盤をにて削りだして製作。素材はアルミ合金A2017材、厚みを増す事による重量増は表と裏を削り込んで解消し軽量化とデザイン性を向上させました。


ケインズ ビレットゼットハンガーは貫通穴を採用し裏側でナットで締めつけるタイプを採用。フロントスプロケットに近い後部ハンガーには加速や減速中に大変大きな力がかかります。アルミハンガー本体側がネジ穴加工がしてある製品では、ネジ山を壊さないように適度な締付けトルクでしか締付けはできません。その場合、大きな力が掛かった時にエンジンが動いてしまいます。また何度も締付けを繰返しているとネジ山を壊してしまいます。貫通穴仕様なら最大でボルト破断強度近くまで締付けが可能です。これにてフレームとエンジンは強固に固定されるのでフレームのトータル強度が上がったのと同じ条件になります。どれだけフレーム補強や足回り補強をしても肝心のエンジンハンガーの強度不足では意味がありません。


さらにサイドカバー取り付けブラケット(D1用は除く)はハンガーから脱着式ですので、カスタムの自由度が広がります。ハンガーボルトはステンレス製を採用し、右側センターハンガーと車体左側下部フレームにもM12のDSSエンジンクランピングボルトも各1本づつ付属、美しさを引き立てます。(画像では既製品のM12のキャップスクリュー2本ですがお送りするのはDSSクランピングボルト2本になります)
また後部ハンガーにはバッテリーケースを載せる削り出しブラケットも付属します。表面処理は高品質アルマイトのソリッドブラックで精悍さを引き立てます。
DSSエンジンクランピングボルトはZ1/Z2/Z1000MK/Z1Rなどのエンジン下部とフレームを固定するM12x1.25サイズのボルトです。ステンレス丸棒からの削り出しで製作しました。入念なデザイン後にCNC複合旋盤で削りだして製作し、ワンランク上のカスタムクオリティを提供します。DSSエンジンクランピングボルトはビレットエンジンハンガーN2/N1に付属しています。DSSエンジンクランピングボルトのみも購入出来ます。
 DSSエンジンクランピングボルト 左右2本セット ¥6,900 + 消費税          
ビレットZハンガー(アルミ削り出しエンジンハンガー)         Z2 Z2 Z1R Z1000MK2
For Z1000MK2 Z1R Z750D
Z1R  Z1000MK2  Z750D エンジンハンガーキット
 ビレット ゼットハンガーN1     Z1000MK2 ソリッドシルバー ¥21,200 + 消費税          
 ビレット ゼットハンガーN1     Z1R     ソリッドシルバー ¥21,200 + 消費税          
 ビレット ゼットハンガーN1     Z900/Z1000/Z750D1ソリッドシルバー ¥21,200 + 消費税    
Z系の車体のデザインバランスを考え機能美を追求して製造したビレットゼットハンガーキットです。マシニングとNC旋盤をにて製作しました。ハイパワーエンジンとフレームを強固につなぐには高強度のハンガーが必要になります。ハンガー厚みは剛性アップと重圧感のバランスの取れたアルミ合金2017材の12mmを採用、ポケット加工による中抜きと裏面の肉抜き加工で軽量化とデザイン性を向上させました。

ケインズ ビレットゼットハンガーは貫通穴を採用し裏側でナットで締めつけるタイプを採用。貫通穴仕様なら最大でボルト破断強度近くまで締付けが可能です。これにてフレームとエンジンは強固に固定されるのでフレームのトータル強度が上がったのと同じ条件になります。どれだけフレーム補強や足回り補強をしても肝心のエンジンハンガーの強度不足では意味がありません。

さらにサイドカバー取り付けブラケットはハンガーから脱着式ですので、カスタムの自由度が広がります。ハンガーボルトはステンレス製を採用し、右側センターハンガーと車体左側下部フレームにもM12のDSSエンジンクランピングボルトも各1本づつ付属、美しさを引き立てます。(画像では既製品のM12のキャップスクリュー2本ですがお送りするのはDSSクランピングボルト2本になります)また後部ハンガーにはバッテリーケースを載せるブラケットも付属します。表面処理はソリッドシルバーになります。
Z1
Z1  Z2RS エンジンハンガーキット
完売中、再生産予定あり
Z1・Z2RSのラウンドデザイン意識したデザインと強度設計の後、マシニングとNC旋盤をにて製作。ハイパワーエンジンとフレームを強固につなぐには高強度のハンガーが必要になります。ハンガー厚みは剛性アップと重圧感のバランスの取れたアルミ合金2017材の12mmを採用、厚みを増す事による重量増はポケット加工による中抜きと裏面の肉抜きにて解消し軽量化とデザイン性を向上させました。市販の後部ハンガーは通常M8のネジ穴が仕様が大半ですがケインズ ビレットゼットハンガーは貫通穴を採用し裏側でナットで締めつけるタイプを採用。フロントスプロケットに近い後部ハンガーには加速や減速中に大変大きな力がかかります。アルミハンガー本体側がネジ穴タップ加工がしてある製品では、ネジ山を壊さないように適度な締付けトルクでしか締付けはできません。その場合、大きな力が掛かった時にエンジンが動いてしまいます。また何度も締付けを繰返しているとネジ山をなめてしまいます。貫通穴仕様なら最大でボルト破断強度近くまで締付けが可能です。これにてフレームとエンジンは強固に固定されるのでフレームのトータル強度が上がったのと同じ条件になります。どれだけフレーム補強や足回り補強をしても肝心のエンジンハンガーの強度不足では意味がありません。さらにサイドカバー取り付けブラケットはハンガーから脱着式ですので、カスタムの自由度が広がります。ハンガーボルトはステンレス製を採用し、センターハンガーと車体左側下部フレームにもM12のステンレスボルトも各1本づつ付属。美しさを引き立てます。表面処理はハーフポリッシュ、ソリッドシルバー、ソリッドブラック、ソリッドメタル、ソリッドチタンから車体のイメージに合わせてお選び頂けます。
<FONT color="#ffffff" size="-1">左からソリッドチタン、ソリッドメタル、ソリッドシルバー、ハーフポリッシュ、ソリッドブラック</FONT>
左からソリッドチタン、ソリッドメタル、ソリッドシルバー、ハーフポリッシュ、ソリッドブラック
Z1用サイドカバーブラケット脱着式ハンガー 

KEINZは商標登録済みです。許可なく会社名、店舗名及び商品名などへの使用は禁止します。

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyrightc 2000-2019 KEINZ PERFORMANCE ENGINEERING.All rights reserved.